エンパイアカジノのビデオスロットは他の賭け事より断然控除率が低い

ギャンブルを楽しむ上で知っておくと役に立つ数字の一つに、「控除率」とよばれるものが挙げられます。これは、賭け金に対する胴元の取り分の割合で、数値が大きいほど胴元が多くのお金を得ていることを、小さいほど参加者側に多く賞金が配分されていることを示しています。控除率からはある賭け事がプレイヤーから見て有利かどうかを考えることができ、参加する賭け事を選ぶ際の指標の一つとなります。

例えば、代表的なオンライカジノサイトの一つあるエンパイアカジノのビデオスロットと、日本で実施が許されているギャンブルとで控除率を比較した場合は前者の方が数値が断然低いです。現行の公営競技の控除率は、競馬だと選択する賭式に応じて20~30%で変動し、オートレースでは30%、競輪と競艇はどちらも25%となっています。これに対して遊戯として存在が許されているパチンコ・パチスロは公営競技より控除率が高く、10%台前半です。しかし、エンパイアカジノのビデオスロットの控除率はここまで挙げたギャンブルよりさらに低く、5%前後となっています。遊べる種類の豊富さやジャックポットをはじめとする高額賞金を獲得できる可能性がある仕組みの存在なども考慮すると、エンパイアカジノのビデオスロットは公営競技やパチンコより魅力的といえるでしょう。

なお、エンパイアカジノの中ではビデオスロットは控除率が高いゲームといえます。他のカジノゲームの控除率をみてみると、ビデオポーカーは3%前後で、バカラやクラップスは1%台で、ブラックジャックに至っては1%未満とかなり低くなっています。控除率が低いとサイトがまともに運営されているのかと疑問になるところですが、エンパイアカジノはライセンス審査によって収入源を十分に確保できていることが証明されているので心配は不要です。