エンパイアカジノのビデオスロットの儲けにかかる税金はいくらなのか

エンパイアカジノではビデオスロットのゲームが豊富に用意されており、ゲームの種類を変えながら長時間遊ぶことが可能です。オンラインカジノの中でも評価も安全性も高いエンパイアカジノでは長時間カジノをプレイして報酬もかなりの高額になる人も少なくありません。しかし、長時間プレーを続けた結果儲けが出ると、その金額次第では税金を納めなければならなくなる可能性があります。もし、エンパイアカジノでのビデオスロットで得た賞金を税金として納める場合、その金額はいくらになるのでしょうか。

エンパイアカジノのビデオスロットで得た利益は国税の所得税と復興特別所得税、地方税の住民税(道府県民税と市町村民税)の課税対象です。しかし、納税額はビデオスロットの利益だけでなく、それ以外の所で得た収入の状況も加味されてきまるため、エンパイアカジノのスロットゲームで得た利益にかかる税金の額についてははっきりと述べることはできません。ただし、1月1日から12月31日までの一年間でエンパイアカジノのビデオスロットで得た儲けが一時所得の特別控除額を超えていなければ、この部分に関する課税対象所得金額は0円となるため、少なくとも計算上ではエンパイアカジノのスロットの儲け分を納税する必要はなくなります。

なお、所得税や住民税は本来の手順で税額を計算しようとすると大変なため、通常は速算表をつかって計算を行います。例えば、1年間で得た所得のうち、課税対象になる部分が1,000万円で税額控除の適用が無いとすると、900万円超1,800万円以下の場合は税率が33%で控除額が1,536,000円なので、所得税額は1,764,000円となります。一方、住民税は標準税率が適用されたとすると、均等割は道府県民税と市町村民税を合わせて5,000円、所得割は1,000,000円と算出されます。また、2013年から2037年までの間は復興特別所得税の納税義務もありますが、こちらの税額は計算をすると37,044円になります。