エンパイアカジノのビデオスロットは設定が不可能

オンラインカジノは世界中で人気があるネット上のギャンブルですが、日本ではまだまだ普及しているとは言えません。先日国会でカジノ関連法案が成立し、今後確実に国産のカジノ複合施設が出来上がるのは間違いないのですが建設予定地などから反対の声があがっているのをみるとその壁はかなり高そうです。日本人がカジノを楽しみたいと思う場合、実際に海外の現地に赴いて遊ぶか、オンラインカジノしか方法はありません。このオンラインカジノも全て海外の企業が運営しているから遊べるだけで、日本の企業が運営しているサイトで遊ぶことは現段階では違法となります。日本はギャンブルに関して特殊な国です。競馬などの公営ギャンブルとパチンコやパチスロの民営の賭場があるにもかかわらず、カジノは禁止されています。

オンラインカジノでランキング上位の常連であるエンパイアカジノの特色は、やはりビデオスロットです。日本のパチスロと似てはいますが、似て非なるものです。パチスロに慣れている方は、設定が低くエンパイアカジノのビデオスロットが当たらないのではないかと思うかもしれません。パチスロには設定が1から6まであり、設定によって当たりへの挙動がかなり違います。設定6であればかなりその日に勝つ可能性が高くなるのですが、結果から言うとエンパイアカジノのビデオスロットに設定はありません。その理由として、運営する企業とビデオスロットのシステムを担当する企業が全く違うからです。エンパイアカジノの運営企業がそれらのシステムに関わらないことで、信頼性を高めるという理論なのでそもそも設定という考え方は存在しません。もちろん、中には違法な運営をしているサイトもありますので、見極めが必要です。